初節句 男の子

5月5日は節句の日。

初節句を迎える男の子も多く、
盛大に祝うところもあるようです。

「初節句って何をするの?」

 

スポンサードリンク
Sponsored Link

「料理は何を用意すればいいの?」
「五月人形や鯉のぼりはどうしよう・・・」

男の子が生まれて初めて迎える節句なのですから
わからないことがたくさんあって当然です。

ここでは、初節句を迎える男のお祝いの仕方などを
ご紹介していきます。

 

初節句とは?

初節句とは端午の節句とも呼ばれ男の赤ちゃんが生まれて
初めて迎える節句(5月5日)のことです。

両家の親戚などを招き、赤ちゃんの健やかな成長と厄除け
願いながらみんなで料理を食べてお祝いをする日です。

 

初節句の料理は何を用意すればいいの?

節句では柏餅やちまきを用意するのは定番となっています。

初節句

柏餅に使われている柏は、「新芽が出ないと古い葉落ちない」と
いうことで子孫繁栄の縁起物として江戸時代から
食べられているそうです。

ちまきは中国の故事から「災いを避ける」という意味があると
されています。

柏餅かちまきのどちらかを出すと良いですよ!

また、初節句の料理でも縁起の良い食材が
使われることが多いです。

  • 鯛・・・お祝い事で定番です。
  • タケノコ・・・タケノコのようにぐんぐん真っ直ぐ育つように。
  • カツオ・・・「勝男」にちなんで食べます。
  • 出世魚・・・ブリやスズキなどで、成長によって名前が変わることから。
  • 豆・・・マメに働きますように。
  • 海老・・・縁起物の定番。海老の赤い色は「生命」を意味します。
  • 蓮(ハス)・・・ハスの穴のように見通しの良い人生になるように。

などがあります。

そして、お料理と一緒に菖蒲の花を飾ることを忘れずに!

初節句 男の子

菖蒲の花は「勝負」や「尚武」に通じていることから
「たくましく育ちますように・・・」という願いを込めて飾りましょう!

 

五月人形は鯉のぼり、鎧、兜、どれがいい?

初節句

五月人形には大きく分けて外飾りと内飾りがあり、
外飾りは鯉のぼりや武者幟

内飾りには鎧、兜飾りや子供大将飾りがあります。

鯉のぼりは「どんな環境にも耐え、立派人になりますように」と
いう「立身出世」の意味があり、

内飾りは「鎧、兜が身を防ぎ、その子に交通事故や大きな病気が
ありませんように」という「子供の無事の成長を願う」意味が
込められています。

Sponsored Link

外飾りと内飾りはそれぞれ意味が違うため本当は
両方飾った方が良いのですが、最近では場所の関係もあり、
鎧や兜をメインに飾っている家庭が多いみたいですね。

地域によっては鯉のぼりをメインにして
内飾りは形だけとしているところもありますし
都心部と地方によっても変わってきますので
両方の親たちと相談して決めると良いと思いますよ。

 

五月人形は誰が買う?

五月人形は一般的にはお嫁さんの実家から贈るとされていますが、
特に決まりはありません

旦那さん側のおじいちゃん、おばあちゃんも贈りたいと
思っている場合も多いので、最近では両家から折半で贈ったり、
五月人形はお嫁さん側、ランドセルは旦那さん側と
話し合って贈る場合もあるみたいですよ。

 

2人目、3人目の場合はどうしたらいい?

初節句 男の子

五月人形はお子さんの身代わりとなって厄を受けているので、
基本的に1人1飾りです。

五月人形を兄弟で兼用するのは避けた方が
良さそう。

そうは言って置き場所や金銭面の問題もあり幾つも
用意するできないという家庭も多いはず。

その場合でも次男、三男の時は小さ目の兜飾りなどを
買うなどして1人1飾りは用意してあげましょう!

 

いかがでしたか?

男の子が生まれ、慌ただしい中の準備は大変かも
しれませんが、お子さんの一生の記念に残る素敵な
初節句のお祝いをみんなでしてあげましょう!!

 

関連記事⇒初節句の内祝いのマナー。金額の相場やのしは?人気ランキングは?