国分太一
TOKIOの国分太一さんが、担当している
「すぽると!」を27日放送分で卒業することに
なりました。

しかし周りでは「ようやくか・・・」の声が多数。

実は「すぽると!」の現場で国分さんはかなり
評判が悪く、クビにさせられてしまったようなもの。

評判が最悪だった理由は何だったのでしょうか?

 

スポンサードリンク
Sponsored Link

 

国分太一が「すぽると!」をクビになった理由

TOKIOの国分太一さん(40)が“土曜編集長”を務める「すぽると!」
(フジテレビ系)で、
今月12月27日を最後に番組を卒業することを
発表しました。

6年間「編集長役」として務め上げ、2012年のロンドン五輪や
2014年のソチ五輪ではキャスターも務めた国分さん。

国分太一

 

ファンの間では、”卒業”を残念に思っている人が多数いる中
関係者に間では「降板は当然」という声が多く聞かれたそう。

実は、国分太一さんは現場でかなり評判が悪かったらしく
今回の”卒業”は”事実上のクビ”だったんです。

国分さんが悪評のわけとは何だったのでしょうか?

 

その理由は、現場でのテキト~な取材姿勢にあるといいます。

どうやら国分さんはスポーツの現場でもボ~ッと突っ立たったままで
自分からは選手に話を聞きに行かないのだそう。

「インタビューの際は用意された質問を読むだけ。
勉強不足のまま臨むので、相手が専門的な話をしても掘り下げることができず、会話のラリーが続かない。
選手にも局のスタッフが促して初めて挨拶する程度。
単独で挨拶に行って無視されることもあった。
国分が話すのは“芸能畑”の人ばかりで、馬主の大魔神・佐々木主浩や三浦大輔とは『競馬談議』で盛り上がっていました。
番組でも石川遼がミラクルショットを決めた映像を見て、“『みんなのゴルフ』でもできない”などプレーをゲームに例える発言を連発。レベルが低すぎて女子アナや解説者も呆れ返っていた」(テレビ局関係者)

 

その一方で、国分さんと対照的なのが、「Going!」(日本テレビ系)の
ベースボールスペシャルサポーターを務める「KAT-TUN」の
亀梨和也さん(28)です。

亀梨さんは国分さんと違って、現場での取材も積極的にこなし
周りからの評判もかなり良いそう。

亀梨和也

 

国分太一さんと亀梨和也さんの取材の様子を比べても、まるで
雲泥の差。

 

6年間務め上げた「すぽると!」を卒業というだけあって、周囲からは
普通は労いの言葉などがあるはずなのですが、国分さんに関して
「ようやくか・・・」という冷たい声。

テキト~な取材をこなし続けてきた結果が、最終的に自分のクビを
締めることになったわけですね。

 

Sponsored Link

 

「いっぷく!」も来春打ち切りが囁かれ、国分太一ピンチ!

「すぽると!」を事実上のクビにさせられた国分太一さんですが
他にも国分さんがメインMCを務める平日朝の情報帯番組
「いっぷく!」(TBS系)も来春打ち切りが囁かれているんです。

いっぷく!

 

そうなると、いっきに2つのレギュラー番組を無くすことになり
かなりピンチとなる国分さん。

 

「いっぷく!」でも国分さんの評判はあまり良くないようです。

「いっぷく!」は「はなまるマーケット」の後番組として今年3月31日に
放送開始しましたが、4月下旬に視聴率1.3%を記録するなど、
かなり厳しい状況に。

「はなまるマーケット」でも視聴率4~5%はあったのに・・・

 

「そもそも当初は国分ではなく、『SMAP』中居正広(42)をメーンMCに据える話が出ていた。
でも、結局は国分になった。あまりの低迷に、秋改編ではチーフプロデューサーを代えて硬派路線に変更。
当初は『1年間は体制を変えない』と決めていたのに…。路線変更したら『あさチャン!』→『いっぷく!』→『ひるおび!』と、TBSは朝から昼すぎまでニュースをメーンにした番組が続く。
そのため局内でも路線変更に異論が出ていたが、あまりの低視聴率で何か手を打たないと仕方がなかったらしい」(テレビ局関係者)

 

最初は中居正広さんをメインMCとして起用したかったそうなのですが
それが叶わなかったようで、最終的には国分太一さんが起用されたわけです。

今でも制作会社スタッフの間では『中居を起用できていれば』という
悔やむ声が出ているといいます。

関連記事⇒SMAPが”嫌いな芸能人”を大暴露!その意外な人物に驚愕!

 

国分太一さんはいつも明るいイメージがあり、視聴者に嫌われるキャラでも
ないのですが、視聴率には響くような人物ではなかったというわけですね。

しかも、視聴率低迷はメインMCの責任でもあるのに、「国分さんには
危機感が感じられない」と、周りも呆れている様子。

 

このまま、低視聴率のままだと本当に来春にも番組が打ち切りになって
しまうかもしれません。

国分太一さんは、このピンチを切り抜けることができるのでしょうか?

 

Sponsored Link