松嶋菜々子

最近、松嶋菜々子さんの姿をテレビで
見なくなりましたね。

3年前は「家政婦のミタ」では高視聴率を叩きだし
大成功していたのに今では、当時の栄光は
見る影もない状態に。

松嶋菜々子さんはなぜ仕事がなくなってしまったのか?

 

スポンサードリンク
Sponsored Link

 

松嶋菜々子に仕事のオファーが来なくなった理由

昔は数々の人気ドラマや映画に出演し、男性だけにとどまらず
女性からも大人気だった女優の松嶋菜々子さん(41)。

3年前もドラマ『家政婦のミタ』(日本テレビ)の熱演で視聴率40%超えを
達成し“伝説の女優”と言われたばかり。

 

「やっぱり松嶋菜々子はすごい!!」と多くの人が思っていたのですが
現在は“過去の人”と囁かれてしまっているんです。

この3年の間に何があったのでしょうか?

 

今年、松嶋菜々子さんが受けた仕事は『思い出のマーニー』の声優と
来年1月に2夜連続で放送されるスペシャルドラマ『オリエント急行殺人事件』
(フジテレビ)の2本だけ。

しかも2本とも主演ではないそう。

”伝説の女優”と呼ばれていた松嶋さんに現在は仕事のオファーすら
来ない状態になっているんです。

 

事の発端は、松嶋さんがドラマ『家政婦のミタ』の続編に出演しなかった
ことにあるようです。

『家政婦のミタ』は視聴率40%を超えるほど大人気だったために
続編の話が出ていました。

しかし、松嶋菜々子さんは日本テレビの出演要請に対し、断り続けて
きたというのです。

 

なぜ松嶋さんは大人気ドラマ『家政婦のミタ』続編の出演を断ったのか?

その理由は、松嶋さん本人が家政婦という地味な役柄を気に入ってなかったこと。

つまり、キャラクタ―の定着を理由に断ったのです。

結局、『家政婦のミタ』続編は実現することなく終りました・・・

『家政婦のミタ』ファンとしてはちょっと残念でしたね。

 

その後、ドラマ『ラッキーセブン』(フジテレビ)、映画『藁の楯』、
『救命病棟24時 第5シリーズ』(フジテレビ)などドラマ・映画など
計3本の主演作に出演するも全て大コケ。

“伝説の女優”はあっけなく終ってしまい、松嶋さんの出演オファーも
ピタリとなくなってしまったのです。

 

Sponsored Link

 

”伝説の女優”から”面倒な女優”になった松嶋菜々子

ドラマや映画の出演オファーがすっかりとなくなってしまった松嶋さんですが
そんな松嶋さんを見捨てずに別のドラマ企画でオファーしていたのが日テレ。

それは、来年1月に放映されるドラマ『○○(まるまる)妻』のヒロイン役でした。

しかし・・・

「10月の段階で一度は松嶋サイドから『○○(まるまる)妻』に出演するという話を貰っていた。
だが、過去のある妻の設定と夫に奴隷のように奉仕する姿が、反町隆史との結婚生活に妙な誤解を与えかねないという理由でドタキャンになったんです」(芸能プロダクション関係者)

 

またしても、ドラマの役柄を理由に断ったのです。

結局、後任には柴咲コウさん(33)が選ばれました。

関連記事⇒柴咲コウは中田英寿にとって都合のいい女だった!熱愛報道の真相は?

 

しかし、松嶋菜々子さんに異変が起きたのが11月。

「なんと日テレのドラマスタッフの元に松嶋自ら電話を掛けてきたというんです。
しかも、『家政婦のミタ』の続編出演を検討してもいいと言ったらしい。
電話なので正確な話はわからない。
もしかしたら聞き間違いの可能性もある。
ただ、これだけは言えるのは、もうご勘弁です。
局内では『松嶋のオレオレ詐欺』ならぬ『ミタ出る詐欺だ』なんて冗談も飛び交うありさま。
いまさら『家政婦のミタ』で視聴率が取れるか甚だ怪しい。
日テレは松嶋サイドから再オファーがきても丁寧に断る方針だ」

(ドラマ関係者)

 

なんと今更、「『家政婦のミタ』の続編出演を検討してもいい」と言って
きたというのです。

実は松嶋菜々子さん、来年1月以降のスケジュールが真っ白。

それに焦ったのか、今頃になって『家政婦のミタ』の続編の話を
出してきたのでしょう。

 

現在、業界で松嶋菜々子さんは”伝説の女優”から”面倒な女優”に。

全盛期の人気が嘘のように、現在は必要とされなくなってしまい
”過去の人”と囁かれるようになってしまいました。

仕事を選びすぎてしまったのが仇となってしまったみたいですね・・・

 

Sponsored Link