矢口真理

2013年5月に発覚した不倫騒動から1年5か月ぶりに
テレビ出演を果たした元モーニング娘。の
矢口真理さん。

この復帰シナリオは、矢口真理さんや”芸能界のドン”
などによって、長い時間をかけ考えられた
ものでした。

しかし、そのシナリオが思わぬ方向に行ってるようなのです。

 

スポンサードリンク
Sponsored Link

 

矢口真理の復帰シナリオは大失敗か!?

2013年5月に前代未聞の不倫騒動を起こし、休業していた矢口真里さん(31)が
1年5か月ぶりにテレビの前に姿を見せました。

矢口さんが復帰第一弾に選んだのは、日本テレビ系のワイドショー
『情報ライブ ミヤネ屋』。

そこで真実の全てが語られると思っていた多くの人の期待が
裏切られましたよね。

 

「すべて私が悪い」と謝ったものの、その後、司会の宮根誠司さん(51)から
不倫現場について質問されると・・・

「元夫の中村昌也さん(28)と、この件に関しては口外しないという約束を
交わした」
と言って、肝心なところは曖昧な返答をするばかり。

矢口真理

 

挙句のはてには、不倫相手である元モデルの梅田賢三さん(26)と
現在も熱愛中であると告白。

関連記事⇒不倫騒動ばらしたのは小森純!梅田賢三と再婚か?

 

この復帰会見に多くの人から不満の声が殺到しました。

 

矢口真理さんのこのテレビ出演は、実はずっと練りに練って考えられてきた
ものだったようなのです。

「矢口の所属する事務所の会長が、芸能界のドンといわれる大手芸能事務所・バーニングプロダクションの周防郁雄社長に復帰の相談を持ちかけ、ミヤネ屋への出演が決まったというのは業界では有名な話。
番組MCの宮根をマネジメントするのは、周防氏の傘下にある会社ですから、ドンの一声によって、復帰シナリオの第一幕が始まったわけです。

しかし、矢口復帰という話題性にもかかわらず視聴率は10%程度。
普段とあまり変わらない数字は誤算だったでしょう。仮に平日の昼間で20%を達成したとなれば、各局のテレビマンたちも続々と触手を伸ばしたはず。
そこまでいかずとも15%でもいけば、矢口は死んでいなかったと色めきだったでしょう。しかし結果から見ると、矢口に対する世間の目は冷めたもの。
バッシングを浴びながらも注目度が高ければ、復帰への道筋も立ったでしょうが、そもそも関心がないとなれば大幅な路線変更が必要となります」(業界関係者)

 

『情報ライブ ミヤネ屋』での復帰第一弾は、芸能界のドンとも言われている
バーニングプロダクションの周防郁雄社長の考えによって実現したこと
ですが、「矢口真理、1年5か月ぶりのテレビ出演」にも関わらず
視聴率が全く伸びなかったのが大誤算だったようなのです。

関連記事⇒元モーニング娘。メンバーが不幸続きな理由とは?身内の逮捕や死など

 

Sponsored Link

 

矢口真理、復帰叶わず芸能界から消える!?

多くの人が『情報ライブ ミヤネ屋』での会見によって
「あっさり芸能界を復帰するんだろう」と思っていたのでは
ないでしょうか?

しかし、実際はそう甘くはなかったようです。

 

例え、矢口真理さんの復帰に反対している人が多くても、芸能界の大物による
後押しを受ければ、世間の声など無視して問題なく復帰できる可能性も
あるみたいです。

実際に、芸能界でも多くの人が矢口真理さんを擁護していました。

同じ芸能界で生きる人として、応援した気持ちもあったのではないでしょうか?

しかし、芸能界の大物である和田アキ子さんは番組の中で、矢口さんとは
『全く話したくない』と発言。

さらに、ダウンタウンの松本人志さんも、「ミヤネ屋」に出演した矢口さんを
『面白くない』ときつい一言。

 

和田アキ子さんも松本人志さんも、芸能界ではかなりの影響力を持った
人物です。

矢口真理さんを擁護する声は多かったとはいえ、この二人の言葉は
説得力がありますから、各局のテレビマンたちも納得してしまったのでは
ないでしょうか?

その結果、矢口真理さんは、「ミヤネ屋」の会見から1か月あまりも
テレビ出演がゼロという状況に・・・

 

矢口真理さんも周りの人たちも、芸能界復帰に対して、楽観的に
考えすぎていたのかもしれません。

矢口真理さんは「ミヤネ屋」での出演の際に、
「需要がなかったら芸能界をやめる」と言っていましたが、本当に需要がないようです。

やはり、1年5か月の休業がいけなかったのか!?

このまま、矢口真理さんは芸能界から消えていってしまうのでしょうか?

関連記事⇒矢口真理、復帰後はエロキャラに路線変更?めちゃユルでエロ発言連発

 

Sponsored Link