吉高由里子

NHK連続テレビ小説「花子とアン」も高視聴率に
終わり、ますます女優として磨きがかかった
吉高由里子さん。

ほんわかしか印象で、天然のイメージがあるが、
実は全然違う一面があることがわかったんです!

 

スポンサードリンク
Sponsored Link

 

吉高由里子の性格は?実は魔性の女だった!?

吉高由里子さん(26)といえば、最近では人気ロックバンド・RADWIMPSの
ギター&ボーカル・野田洋次郎さん(28)との熱愛が
話題となっていますよね。

野田洋次郎

 

二人のデート現場をよくスクープされています。

 

吉高由里子さんは、これまでにも多くの人と熱愛の噂が
報じられいて、恋多き女としても注目を浴びています。

 

<過去に熱愛の噂になった人たち>

  • 松山ケンイチ
  • 二宮和也(嵐)
  • 生田斗真
  • 玉木宏
  • 尼川元気(flumpool)

 

実際、吉高由里子さんはモテるらしいんです。

もちろん、その外見はとても魅力的ですが、外見以外にも
「吉高由里子には接した男性を虜にする魔力がある」と多くの人が
言っているんです。

それは一体どういうことなのでしょうか?

 

吉高由里子さんの撮影現場に居合わせた編集者の話によると・・・

「“恋人のように振る舞って”というと、“じゃあ、好きっていってみて”とカメラマンの目をのぞきこむ。あの態度を見ると、本当に好きなんじゃないかって男なら誰でも勘違いしそうになる。多くの女優さんにインタビューしましたが、あれはもっていかれますね」

 

さらに、吉高さんの魔力が発揮されるのがお酒の席・・・

「お酒の入った吉高さんはサイコーです。エロい、かわいい、男前。“おい、脱げー!”とオヤジノリで場を盛り上げたかと思うと、意味ありげに、いや、本当は意味なんてないんでしょうけど、フフッと笑ってジーッと目をあわせてくる。なんだか誘われている気になる……」

 

なんと、人気女優にも関わらず、下ネタを連発してるらしいんです。

そんな、飾らない姿が魅力の一つなのでしょうね。

・・・かと思えば、笑ってジーッと目を合わせてくる。

何を考えているのかわからない態度に男性もドキッとしてしまうんでしょうね。

吉高由里子

 

最近終了したNHK連続テレビ小説「花子とアン」でのエピソードもあります。

「最近、『花子とアン』の現場では英語の先生に“女性器ってなんていうんですか”と質問。“ストロベリー”という答えにみんなを巻き込んでキャーキャー大騒ぎしていました。下ネタにもこれだけ明け透けなんだから、夜は……といろいろ想像させられる。現場では共演者の伊原剛志さんも吉高さんにメロメロでしたよ」(テレビ誌記者)

 

人気女性とは思えないような質問を投げかけ、キャーキャー言って
大騒ぎしてるみたいです。

 

下ネタを言って騒でたかと思いきや、仕事になると何の躊躇もなく
男性をドキッとさせる仕草や言葉を言う。

これが吉高由里子さんが魔性の女と言われる理由です。

過去に熱愛が発覚した男性たちや現在熱愛中と噂されている
野田洋次郎さんも、そんな吉高さんのギャップに惚れこんでしまったのかも
しれません。

 

Sponsored Link

 

吉高由里子が「私の裸を見て」と迫った男とは?

そんな男を虜にする力があると吉高由里子さんが
驚きの言葉を口にしたことがあります。

それは、2008年に公開された「蛇にピアス」という映画での
衣装合わせの時。

この頃の吉高さんは、まだ新人女優で今ほど多くの人に
知られていない時です。

 

この映画の監督はあの演劇界の巨匠である蜷川幸雄さん

蜷川幸雄

 

世界に蜷川さんに対し、新人女優だった吉高由里子さんは
「ほとんど裸の映画なのに、裸を見ないで撮れるんですか?」
驚きの言葉を言い放ったといいます。

蜷川幸雄さんと言えば、演技の面ではとても厳しく
”鬼の蜷川”と俳優たちから恐れられていたほど。

そんな蜷川さんも、さすがに吉高さんが言い放った言葉には
驚きを隠せなかったようです。

 

蜷川さんは「じゃあ、見せて」と言ったら吉高さんは更衣室へ行き
洋服をバッと脱ぎ、裸を披露しました。

蜷川さんは目を覆いながら、「あ、大丈夫、大丈夫、撮れる、撮れる」って言って
恥ずかしそうにしてたといいます。

この行動には誰もがビックリしたそうです。
吉高さんは、何事にも動じない肝が据わった女優さんであることが
わかりますね。

それが、人気女優にまでのぼり詰めた理由ではないでしょうか。

 

”奔放で自由気まま”のイメージがありますが、仕事に対しては
決して妥協しない芯の強さを持った女優さんだったんです。

 

下ネタ好きの吉高由里子。
仕事に対しては妥協せず、どんなことでも少しも動じずにこなす吉高由里子。

そのギャップが男を虜にする理由なのかもしれませんね。

 

Sponsored Link