江角マキコ

今、何かと話題となっている江角マキコさん。

2週間ぶりに自身のブログを更新し
長嶋一茂低落書き事件について謝罪しました。

しかし、ネットユーザーからは「えっ!?」と
納得いかない声が続出!

 

スポンサードリンク
Sponsored Link

 

江角マキコが長嶋一茂邸落書き事件について謝罪!

2012年12月、当時の男性マネジャーに命じ、タレントの
長嶋一茂さん(48)の自宅の外壁に「バカ息子」などと
落書きをさせたと週刊誌に報じられた女優の
江角マキコさん(47)。

関連記事⇒江角マキコが長嶋一茂宅に落書き指示!ママ友いじめの次は犯罪者!?

長嶋一茂

 

そのことに関しては今まで口を閉ざしていたが
9月9日、約2週間ぶりにブログを更新し、騒動について
謝罪しました。

こちらはその全文です。

 
先日来、一部週刊誌等の報道により、様々な関係者の皆様に大変なご迷惑とご心配をお掛け致しましたことを、心より深くお詫び申し上げます。

私自身、週刊誌でこの件を初めて知った次第で、その後、元マネージャーから私に対し、このような事態をおこして迷惑をかけたとして謝罪の連絡がありました。

しかし、立場上、私の責任も重く感じ、長嶋様には心から申し訳なく思っております。

なお、先の報道内容を受けて長嶋様や学校関係者各位にこれ以上のご迷惑をお掛けしないよう、また、現在も心療内科で治療中の元マネージャーや私の子供たちへの配慮もあり、詳しいご説明を差し控えさせていただくと共に、ご説明が遅れたことを重ねてお詫び申し上げます。

本当に申し訳ありませんでした。

 

この謝罪文を見た人たちからは納得のいかない声が殺到しています。

注目はここの部分です。

「週刊誌でこの件を初めて知った次第で、その後、
元マネージャーから私に対し、このような事態をおこして迷惑を
かけたとして謝罪の連絡がありました」

 

と報道されるまで事態を把握していなかったと説明していますよね。

要するに、「落書きはマネージャーが勝手にやったことで
私は全く知りませんでした」と言っていることになります。

これに対し、ネットでも大きな波紋を呼んでいます。

 

Sponsored Link

 

「マネージャーが独断でそんなことするわけねえだろ」
「関係なかったら絶対謝らないくせに・・・」
「元マネ―ジャーに責任を押し付けて、ちょっと卑怯じゃない?」
「マネージャーのせいにしたら逆効果」

などの意見が多いようです。

 

本当に江角さんは何も知らず、マネージャーが勝手に
やったことなのかはわかりません。

しかし、完全否定していないというところが
引っかかりますよね~。
「やっぱりマネージャーのせいにしちゃったのかな?」と
思ってしまいますが・・・

 

ママ友いじめの件もありましたし、江角さんのイメージは
かなり悪くなってしまいましたね。

関連記事⇒江角マキコのいじめ問題でママ友が反撃抗議文!実は女王様キャラ!?

 

江角さんが出演している番組を見ても、今までと比べ
どこか元気のない様子がわかります。

本人もこれらの件に関して頭を悩ませているみたいですね。

それも当然。
実は江角マキコさんは現在タレント生命の危機に
立たされているんです。

 

江角マキコ出演のテレビCMが打ち切りに!?

いじめ問題から発展して落書き事件などで
江角さんのイメージは一気に急降下しています。

芸能界でも大きな問題となっていて、江角マキコさんが
出演している「花王」のCMも打ち切りの事態
見舞われているんです!

「北は北海道から南は沖縄までネット局を含め、出稿予定だった江角さん起用のCMが、 次々と同社他製品のCMに差し替えられている。

この動きはウチの局だけではないはず。

ここ数日の間で“江角CM”は完全にお蔵入りになるのではないか」(在京キー局関係者)

 

そう言えば、最近江角さんのCM見ないかも。

花王は洗濯用洗剤「アタック」と女性用化粧品「ソフィーナ」のCMの
イメージキャラクターになっていて、以前はバンバン
流れていましたよ。

このCMもお蔵入りとなり、もう見ることがなくなるかも
しれません。

CMはイメージが一番大事ですから、このような問題が
次々を発覚し、今後の江角さんのCM起用も難しくなるのでは
ないでしょうか。

CMだけではなく、現在レギュラーを務めている番組も
今後どうなるのかはわかりませんね。

 

自身のブログで“ママ友いじめ”の被害を告白してから1カ月。

関連記事⇒江角マキコがママ友いじめを告白!桐島ローランドとの離婚原因は?

 

当初は江角さんは”被害者”として語っていたので、世間から
同情を集めましたが、その後、次から次へと江角さんの
問題行為が明るみになり、完全に立場は逆になってしまいましたね。

今後の江角マキコさんに注目して見ていきましょう。

 

Sponsored Link