宮崎宣子


元日本テレビアナウンサーの宮崎宣子さんが
離婚していたことを明かしました。

わずか2年半の結婚生活。
一体原因は何だったのでしょうか?

局アナ時代はいじめに遭っていたとも
言われています。

その真相は!?

スポンサードリンク
Sponsored Link

 

宮崎宣子アナが離婚!その原因は?

元日テレアナウンサーの宮崎宣子アナ(35)は
生放送遅刻騒動、休養と復職を繰り返すなど、
“お騒がせアナ”とも言われていたようです。

宮崎宣子

そんな宮崎宣子アナが結婚し、日テレを退社してから
わずか2年半で、結婚生活にも終止符を打ったことを
明かしました。

一体、原因は何だったのでしょうか?

 

宮崎アナは離婚理由について
「尽くしすぎて自爆した感じ。彼を結婚に巻き込んでしまった…」
とコメントしています。

どうやら、夫が仕事で忙しく、少しずつすれ違いが生じて
きたようで、そのストレスに耐えられなかくなったみたいです。

宮崎アナによると、昨年末頃に初めて夫に離婚を切り出し、
話し合いを進め、今年に入って別居。

そして今年の夏に離婚届を提出したそうです。

夫は大手レコード会社・エイベックス社員で、
深夜業務や接待などで明け方近くに帰宅することが
多かったみたいなのです。

さらには休日も、仕事疲れのためか家でぐったり
することが多かったといいます。

宮崎アナは、もっと夫婦水入らずの楽しい時間を
過ごしたかったんでしょうね。

思い描く結婚生活とはかなりかけ離れたものに
なってしまったようです。

「プロポーズも私からだったし、結局不安だった私が一方的に彼を結婚に巻き込んでしまったんじゃないか。
尽くしすぎたのも、自分の存在意義を確かめたかっただけだったのかも」

「離婚は失うものが多すぎた…。今は支えてくれる周りの人たちへの感謝しかない」

宮崎アナは離婚について、このように語っていました。

こういう時に周りの人の支えって本当に嬉しいですよね。

しかし、宮崎アナは局アナ時代、いじめの標的にされていた
みたいなんです!

 

Sponsored Link

 

宮崎宣子アナがいじめに遭っていた!?

宮崎宣子アナとエイベックスに勤務する夫との結婚式は
200名を超える参加者が大々的に報じられていました。

宮崎宣子

夫側の招待客はエイベックスからも多数の社員や幹部が出席し、

代表である松浦勝人氏も姿を見せていました。

お~、あの松浦氏も参加され、二人の結婚を祝福したんですね。

 

しかし、実は宮崎アナ側の招待客は“いわくつき”だったと
言われているんです。

宮崎アナ側はかつて宮崎が番組共演した中山秀征さんや
吉岡美穂さんなど芸能人も多数参加したようです。

宮崎アナは人気アナだっただけに、たくさんの番組に出られて、
多くの芸能人の方とも仲良くなっていたようです。

 

しかしこんな声もありました。

「日テレの同僚として、後輩の鈴江奈々と葉山エレーヌが参加していましたが、驚いたのは女子アナがこの2人しか招待されていなかったこと。
当時宮崎は、あか抜けない天然キャラで人気者でしたが、実は局内ではイジメの標的にされていた。その延長なのか、番組で共演中だった馬場典子ら、先輩アナウンサーは誰一人姿を見ませんでしたね」(芸能プロダクション関係者)

 

なんと、女子アナの出席者が2人しかいなかったんです!

宮崎宣子アナと言えば、天真爛漫で、少し天然ぽいキャラクターのため
共演者や外部スタッフからは愛されていました。

宮崎宣子

しかし女子アナルームでは、あのキャラクターは
通用しなかったよう。

最初に休養したときは、「顎関節症の治療のため」でしたが、
その後は『体調不良』というだけ。

「人間関係の悩みも原因で精神的に病んでいたのでは?」
と当時は言われていました。

 

こんな出来事があっただけに、今回の離婚も、休養当時の宮崎アナを
知る関係者からは、『また心を病んでしまったのでは』と、
心配の声が上がっているんです。

明るいキャラクターのイメージが強いので、精神的に病んでるなんて
想像もしなかったですが、笑顔の裏に、たくさんの苦労が
あったなんて・・・

離婚の傷が癒えたら、また明るい宮崎宣子アナを
テレビに見せてほしいですね。
頑張れ!!

 

Sponsored Link