精神科デイケア
精神科デイケア」とはいったいどのような
施設なのでしょうか?

普通のデイケアとは違い、精神的に障害のある方が
通う施設で対象年齢も様々です。

ここでは精神科デイケアに興味がある方のために

「どんな目的で行われているものなのか?」
「プログラム内容はどんなものがあるのか?」
「気になる費用は?」

などの疑問についてご紹介していきます。

スポンサードリンク
Sponsored Link

精神的デイケアの目的とは?

精神的デイケアとは精神的な障害で精神科や心療内科に
通院中の方を対象としたリハビリテーションの場です。

病気の影響により休職や休学、人付き合いが上手くできなくなった方が
スムーズに社会復帰できるように支援することを目的としています。

具体的にどのようなことを目的としているかと言うと・・・

  • 同じ悩みを持つ患者同士で触れ合って、仲間を持つことで
    人とうまく付き合えるようにする。
  • 規則正しい生活習慣を身につける。
  • 趣味や興味のあることなど、生活の中での楽しみを見つける。
  • 気分転換したり、息抜きをする方法を覚える。
  • 日常生活での悩みを誰かに相談できるようにする。
  • 体力をつけ、体調や疲れを自分でコントロールできるようにする。
  • 家の中に引きこもりがちになるのを防ぐ。

 

精神科デイケアで行うプログラムってどんなの?

精神科デイケアで行うプログラムはその施設によって
内容は違ってきます。

しかし、基本的にはどの施設でも同じようなことを
行うようですので、多くの施設で行っている主な活動を
紹介していきます。

Sponsored Link

●スポーツ(球技)、ウォーキング、体操、エアロビクスなど

体を動かし、体力をつけるのと同時に気持ちを リフレッシュさせます。

 

●園芸、料理、手工芸、陶芸、絵画など

作業を行うことで集中力や持続力が身に付きます。

 

●音楽、カラオケ

人前で歌ったり、演奏することで自己表現力を 身につけたり
ストレス発散になります。

 

●心理教育、SST(社会生活技能訓練)、話し合い

自分の病気を理解し、人の話を聞いたり、自分の気持ちを 相手に
うまく伝えられるようにします。

 

●野外活動、フリー

レクリエーションを通じていろいろな方と交流し、 みんなで楽しんだり、
社会のルールを学びます。

 

上記のようなプログラムが精神科デイケアでは行われています。

施設によってプログラム内容は違いますし、施設オリジナルの
活動をしているところもありますので、気になる施設があったら
どんなプラグラムが組まれているのか確認してみましょう。

精神科デイケア

 

気になる費用は?

精神科デイケアに通ってみたくても気になるのは費用ですよね。

そんな心配をしている方も安心してください。
精神科デイケアの費用は各種健康保険が適用されます。

各デイケアによっても制度は違いますが、自己負担が3割の方で
1日利用費用が2千円前後のようです。

この費用の中には昼食の費用も含まれている場合もあります。

さらに自立支援医療費(精神通院)支援制度を併用すると
自己負担が軽減されますので持っていたら受付窓口に
提示しましょう。

ただし、活動にかかる材料費、野外活動にかかる費用は
一部自己負担となることがあるようですので、詳しくは
施設に問い合わせて確認してみましょう。

 

精神科デイケアは最初から目的を持って通わなくても、
通っていくうちに目的や目標を見つけていけば良いと思います。

焦らず、自分のペースで社会復帰への準備をしていきましょう!

関連記事⇒セロトニン症候群とは?知っておくべき驚きの原因や症状、治療方法