峯岸みなみ
AKB48峯岸みなみさんが

「腎嚢胞(じんのうほう)」でしばらくAKBの活動を
お休みすることが発表されました。

「腎嚢胞」ってどんな病気?

 

スポンサードリンク
Sponsored Link

峯岸みなみさんは6月18日に行われた
「ぱちんこAKB48 バラの儀式」展示会のミニライブに
チームサプライズのメンバーとして参加することになっていたのだが、
体調不良のためお休みしています。

 

腎嚢胞ってどんな病気?

腎嚢胞とは片方、あるいは両方の腎臓に
嚢胞(嚢胞液という液体がたまる袋)ができる病気です。

50歳以上の方に多く見られる病気のようですね。

峯岸さんはまだ若いのに・・・

 

通常は無症状なので、健康診断などの
超音波検査やCT検査などで見つかることが多いみたいです。

「単純性嚢胞」ならば、特に治療をする必要がなく
経過観察となるようですが嚢胞が大きくなると
腎臓を圧迫してきますので治療が必要となります。

 腎嚢胞

また、単純性腎嚢胞に良く似た名前で
「多発性嚢胞腎」という病気もありますが
これは腎嚢胞とは全く違う病気だそう。

これは両方の腎臓にできた多発性の嚢胞が
少しずつ大きくなって腎機能が低下していまう
遺伝性の腎疾患です。

 

腎嚢胞の治療方法

腎嚢胞は多くの場合、経過観察となりますが
大きくなって腎臓を圧迫するようになったり
腎機能に悪影響を与えている場合は
治療が必要となります。

圧迫症状、高血圧、尿路の閉塞などの症状があれば
次のような治療をしていきます。

 

<外科的切除>

開腹して嚢胞を取り除く方法。

 

<開窓術>

嚢胞壁の一部を切除して窓を作り、外部とつなげる道を
作ることで嚢胞内の液体や膿を持続的に排出させる方法。

 

<経皮的穿刺による吸引固定(経皮的嚢胞穿刺術)>

超音波で見ながら嚢胞内に細い針を刺し、
中に溜まっている液を吸引していく方法。

安全で、合併症や副作用も少なく治すことが出来るそうです。

 

<腹腔鏡下嚢胞切除(ふくくうきょうかのうほうせつじょ)>

腹腔鏡とは内視鏡の一種です。

お腹から1~3箇所に0.6~0.7cm程度の穴を開け
内視鏡カメラを挿入して嚢胞を確認します。

この際、手術操作に用いる器具も挿入し
腹腔鏡で撮ったお腹の中の様子を映しだして
嚢胞の切除を行う方法です。

 

Sponsored Link

 

剛力ダンスでおなじみ!いつも元気な峯岸みなみが・・・

 峯岸みなみ

AKB48のオフィシャルブログでのコメント。

平素より、AKB48を応援して下さり、誠にありがとうございます。

本日、体調不良にて劇場公演を休演させていただきましたチーム4の峯岸みなみですが、
病院での検査の結果、『腎嚢胞(じんのうほう)』を発症していることが判明いたしました。

しばらくの間は治療に専念させて頂くこととなりましたので、ご報告をさせていただきます。

ファンの皆様には、ご心配をおかけして申し訳ございません。

 

峯岸みなみさんと言えば過去にもいろいろあり
坊主になった時は衝撃的でしたよね!!

 峯岸みなみ

 

AKB48の中でもお笑い担当としてみんなを楽しませ、
最近では「剛力ダンス」を踊る姿が話題となっていました。

 

そんな元気な峯岸みなみさんが「腎嚢胞」とは・・・

「腎嚢胞」になる原因の詳細は不明のようです。

軽い症状でしたら、経過観察で済みますが
症状が悪化してた場合は治療が必要ですね。

ブログのコメントでも
「しばらくの間は治療に専念させて頂くこととなりました」
とあるから結構悪化してるのかな・・・

早く回復して、また元気な峯岸みなみさんを
見せてもらいたですね!

関連記事⇒AKB高橋みなみ、激ヤセの真相とは!?総監督の苦悩、卒業間近!?

 

Sponsored Link