ASKA
CHAGE&ASKAのASKAさんが覚せい剤
隠し持っていたとして逮捕されました。

とてもすてきな歌声のASKAさん。
ファンとしてはとても残念ですね・・・

 

スポンサードリンク
Sponsored Link

芸能人の薬物事件って多いですよね。

人気女優や有名アーティスト、アイドルグループ元メンバーなど
次から次へと出てきます。

 

ASKA容疑者が逮捕になるまでの経歴

aska

<プロフィール>

本名:宮崎重明(みやざき しげあき)

別名:飛鳥涼、ASUKA

生年月日:1958年2月24日(現在56歳)

職業:歌手、作曲家、シンガーソングライター

出身地:福岡県筑紫郡大野町(現在の大野城市)出身

最終学歴:第一経済大学卒業

 

ASKA容疑者は昭和54年に同級生であるChageさんとともに
「チャゲ&飛鳥」を結成し、シングル「ひとり咲き」
デビューしました。

昭和58年からは作詞を手掛け、葛城ユキがカバーした「ボヘミアン」
光GENJIに提供した「STAR LIGHT」「ガラスの十代」
「パラダイス銀河」などの楽曲が立て続けに大ヒット!

これによりASKA容疑者は音楽家としての知名度が
いっきに上がりました。

 

「チャゲ&飛鳥」の曲では、平成4年にドラマの主題歌として
使われた「SAY YES」270万枚もの大ヒット!!

このあたりから「チャゲ&飛鳥」は多くの人に
知られていくようになります。

そして平成6年には「YAH YAH YAH」も大ヒットし、
国内のみならず、国外のアジアでも人気を集めるように!

 

しかし、平成21年にはChageさんと「お互いのソロ活動を充実させる」
という理由から、CHAGE and ASKAとしての活動を
無期限休止すると発表。

それからはお互いソロで活動を行っていました。

そして、平成25年には無期限活動休止中であった
CHAGE and ASKAの活動を
4年ぶりに再開することを発表してファンを喜ばせました。

 

Sponsored Link

 

しかしその年の6月にASKA容疑者は
一過性脳虚血症と診断され8月のコンサートは延期に・・・

その後、週刊誌の記事により薬物使用の疑いが
かけられていましたが本人は否定。

これらの騒動により世間を騒がせてしまったということから
ASKA容疑者が活動自粛を発表しました。

結局、ファンが待ち望んでいた
CHAGE and ASKAの復活は叶わなかったわけです。

 

そして平成26年5月17日ASKA容疑者、
覚せい剤取締法違反(所持・使用)の疑いで逮捕。

本人は否定しているようだが、尿検査では陽性反応がでて
自宅からも覚せい剤が押収されたということです。

関連記事⇒ASKA逮捕による家族の悲惨!妻と子供の人生も変えてしまった!

 

こちらの画像はCHAGE&ASKAが大ヒットした「SAY YES」。
とても懐かしいです。

 

過去に薬物で逮捕された芸能人はこんなにいた!

 

<押尾学>
平成21年8月3日に麻薬取締法違反で逮捕。

 

<小日向美奈子>
平成21年1月22日に覚醒剤取締法違反(共同所持)の容疑で逮捕。

 

<酒井法子>
平成21年8月8日、覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕。

 

<赤坂晃(元光GENJI)>
平成19年10月28日、覚醒剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕。

 

<いしだ壱成>
平成13年8月20日、大麻取締法違反で逮捕。
同じ年の9月7日麻薬及び向精神薬取締法違反で再逮捕。

 

<加勢大周>
平成20年10月5日、覚せい剤取締法違反(所持)と
麻取締法違反(所持)で逮捕。

 

<槇原敬之>
平成11年8月26日、覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕。

 

<長渕剛>
平成7年1月24日、大麻取締法違反で逮捕。

 

<中村耕一(元JAYWALK、J-WALK)>
昭和52年、大麻取締法違反(所持)で逮捕。
平成22年3月9日、覚醒剤取締法違反(所持)で逮捕。

 

<内田裕也>
昭和52年、大麻取締法違反で逮捕。
起訴猶予処分となった。

 

<sakura(元L’Arc〜en〜Ciel)>
平成9年2月24日、覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕。

 

<西川隆宏(元DREAMS COME TRUE)>
平成14年10月、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕。
平成18年2月25日、覚せい剤取締法違反(所持)で再び逮捕。

 

<美川憲一>
昭和52年10月、大麻取締法違反で逮捕。
昭和59年、大麻取締法違反で再び逮捕。

 

<錦野旦>
昭和52年、大麻取締法違反で逮捕。

 

<井上陽水>
昭和52年、大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕。

 

<研ナオコ>
昭和52年、大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕。
後に起訴猶予処分となった。

 

<カルーセル麻紀>
平成13年9月、大麻取締法、及び麻薬及び向精神薬取締法違反の容疑で逮捕。
しかしいずれも不起訴処分となった。

 

Sponsored Link