サングラス メガネ

紫外線から目を守るために
サングラスUVカットメガネ
欠かせません。

地面からの照り返しによる目へのダメージは
大きく、白内障などの病気を引き起こす
恐れがあるからです。

 

スポンサードリンク
Sponsored Link

「サングラスならどんな物でも良いの?」
「UVカットメガネを選ぶ基準がわからない」

という方のためにここでは、
紫外線から目を守るために
失敗しないサングラスとUVカットメガネの
選び方をご紹介していきます。

 

紫外線が原因で起こる様々な目のトラブル

目も日焼けをするって知っていましたか?

サングラス メガネ

肌のように色が黒くなったりはしませんが
目が日焼けをすると、様々なトラブルが現れます。

  • 目の乾燥
  • 目の充血
  • 異物感
  • 涙が止まらない
  • 目が開けられない

など、目に大量の紫外線を浴びると
このような症状が出てきます。

さらに恐ろしいのは紫外線が原因で
起こる目の病気です。

「白内障」は紫外線が原因の代表的な
目の病気です。

白内障とはどういう病気かというと・・・

目の中でレンズの役割をしている水晶体
紫外線によるダメージを与えると
そのダメージがどんどん蓄積され
水晶体が濁ってきてくる病気です。

症状としては
「目がかすむ」「眩しい」
「物がだぶって見える」などがあります。

白内障は高齢の方に多い病気ですが
紫外線の影響によって若い方にも
増えています。

このような目のトラブルや病気にならないように
紫外線から目を守るためのサングラスや
メガネを使用することはとても重要なのです。

ではどんなサングラスやメガネを選べば
良いのでしょうか?

Sponsored Link

サングラスやUVカットメガネを選ぶポイント

サングラス メガネ

色は薄い方が効果的

サングラスの色は濃い方が
紫外線をカットしてくれそうなイメージが
ありますが、実は薄い色の方が効果的です。

濃い色のサングラスをしてしまうと
目は暗い所にいると勘違いして
「もっと光を入れないと!」と感じ
瞳孔が開くようになっています。

すると、大きく開いた瞳孔から紫外線が
入りやすくなってしまうというわけです。

UV加工されているものでしたら
無色透明のメガネでも
しっかりと紫外線をカットしてくれますよ!

 

紫外線透過率を確認しましょう

サングラスやUVカットメガネを選ぶポイントは
紫外線透過率の低いものを選ぶことです!

これは『紫外線をどれだけ通すか』を表す数字なので
低ければ低いほど紫外線を通さないという
ことになります。

紫外線透過率が0.1以下のものを選びましょう。

紫外線透過率0.1%紫外線カット率99.9%と同じです。

 

レンズは大きめのものを選びましょう

レンズが大きい方が紫外線を防ぐ範囲が
広くなるためおすすめです。

レンズは大きければ大きい方が良いですよ!

 

顔にフィットするものを選びましょう

いくらUV加工のされているサングラスやメガネを
していても、横に隙間があったら
そこから紫外線は容赦なく入り込んできます。

そのため顔の側面にフィットするものを
選ぶことが大切なポイントとなります。

 

サングラスとメガネはどっちがおすすめ?

「サングラスとメガネだったらどっちが
効果的なの?」と思う方も多いと思いますが
UV加工されている物でしたらどちらでもOK!

サングラス メガネ

ただ、紫外線は春、夏は特に多いですが
1年中降り注いでいます。

なので、紫外線から目を守るためには
1年中サングラスやメガネをすることが
望ましいです。

だからと言って冬や雨の日でも
サングラスをかけていたら
ちょっとおかしいですよね。

そんな日はメガネの方が自然です。

 

また、屋外での長時間のレジャーやスポーツの場合は
UVカットサングラスで紫外線は防止できても
反射光の眩しさで目を疲れさせてしまうことが
あります。

このような時は偏光レンズのサングラスを
使うと、目を疲れさせる眩しさも
カットしてくれるのでおすすめです!

偏光レンズのサングラスは
今までのサングラスでは反射光で眩しくて
見えなかったものまでハッキリ見えるので
最近人気が高くなってるようです。

<関連記事>
紫外線対策をしてるのに何でシミが出来る!?実は意外な落とし穴が!
日傘の上手な選び方と注意点!選び方を間違えると紫外線を防げません