紫外線対策
紫外線と言うと夏のイメージですが、
春から紫外線は増え始めます。

絶対に焼きたくなければ、すぐにでも
紫外線対策を始めましょう!

 

スポンサードリンク
Sponsored Link

夏のような暑い日差しがないからと油断していたら
あっという間に肌にダメージを及ぼすことに・・・

春の紫外線は夏と同じくらいの量が
あるため早めに紫外線対策をしないと
肌へ大きなダメージを与えることになります。

 

夏だけじゃダメ!春の紫外線にも要注意!!

紫外線は夏だけではなく、春にも
多く降り注ぎ、3月から多くなり始めて
5月にはピークとなります。

3月の紫外線量は9月の紫外線とほど同じと
言われていますので油断はできませんね。

紫外線対策

3月は気候がポカポカと穏やかで
日差しもそれほど強くないので
意外と紫外線対策に手を抜きやすいんです。

この時期から紫外線対策をしっかりしていないと
あっという間にシミ、シワなどの肌トラブルに
なりますので要注意!!

 

紫外線は様々は影響を与えます

紫外線は肌トラブルはもちろんのこと、
様々な影響を与えます。

紫外線対策

  • シミ・ソバカス
  • しわ
  • 乾燥
  • たるみ
  • 白内障
  • 皮膚がん
  • 感染症(免疫力の低下)
  • 紫外線アレルギー

紫外線に当たるとシミ・ソバカスになるということは
多くの方が知っていることですが、
それ以外にもたくさんの影響があることが
わかりますね。

シミ・ソバカス、しわ、たるみ、乾燥のような
肌老化はもちろんですが、
さらに恐ろしいのは白内障、皮膚がん、
感染症、などの病気です。

 

海外で見ると紫外線が強いオーストラリア

日本だと沖縄、鹿児島、宮崎あたりで
生活している人たちは特にこのような
病気にかかりやすいというデータが出ています。

 

紫外線を防ぐために徹底ケアをしましょう!

しっかりと紫外線対策を行うことで
紫外線を防ぐことができます。

紫外線を浴びると体の中でどんどん蓄積されて
後になって症状が出始めてきますので
早めの対策がとても重要となります。

 

日焼け止めは忘れずに!

日焼け止めは必須アイテムです。

もし汗で落ちてしまったら、その都度
塗り直すことも忘れずに!

また、鼻の頭やおでこ、頬骨のあたりは
特に紫外線があたりやすいので
こまめに塗り直しましょう。

 

日傘や帽子を持ちましょう

日焼け止めを塗ったうえに
日傘や帽子で紫外線対策ができれば
さらに効果的です。

また長時間外にいる場合だと
日焼け止めを塗っているとは言え、
汗で落ちてくることもありますし、
ずっと肌を太陽の下にさらしているのは
とても危険です。

徹底的に肌を紫外線から守りたいのであれば
日傘や帽子も忘れずに使用しましょう。

Sponsored Link

 

サングラスやUVカットメガネで目を守りましょう

日焼け止めや日傘で紫外線から肌を
守ることはできますが、目まで守ることは
できません。

特に地面からの照り返しは目にも
直撃して白内障などの恐ろしい病気を
引き起こすことにもなりますので
サングラスやUVカットメガネをかけて
目を守ることも大切です。

 

紫外線をカットする衣類を着ましょう

衣類には紫外線をカットする素材のものが
あります。

紫外線を通さない素材はポリエステルと綿です。

ポリエステルでも厚手のものは、より紫外線を
カットしてくれます。

また、綿の場合も襟や袖がついている方
紫外線から肌を守ることができます。

春ごろからUVカット素材の衣類が
多く出てくるようになるので
そのような素材のものを選ぶと
良いですよ!

 

食べる事でも紫外線対策!

紫外線対策は体の内側からもできます。

例えば食生活。

紫外線対策に効果的な栄養素を摂ることで
肌を守ることができます。

 

<ビタミンC>

紫外線を浴びると活性酸素が発生し、
シミ、しわなどの肌トラブルの元となります。

しかしビタミンCを摂取することで
肌に大敵な活性酸素の働きを抑えたり
コラーゲンの合成を促進させる効果があります。

  • レモン
  • キウイ
  • アセロラ
  • ブロッコリー
  • カリフラワー
  • イチゴ
  • ピーマン
  • ほうれん草
  • キャベツ

 

<ビタミンE>

ビタミンEはビタミンC同様に活性酸素
働きを抑えてくれます。

またビタミンCはビタミンEの吸収を助ける役割を
していますので、一緒に食べると
さらに効果的です。

  • アーモンドなどのナッツ類
  • うなぎ
  • 西洋かぼちゃ
  • 植物油(オリーブオイル、コーン油、マーガリンなど)
  • 大豆
  • 玄米
  • ごま
  • さんま

 

<ビタミンB2>

ビタミンB2は皮膚の新陳代謝を高める
役割をしています。

美白になりたい方は積極的に摂取しましょう。

  • レバー
  • うなぎ
  • 納豆
  • まいたけ
  • いくら

 

他にも活性酸素から肌を守ると
言われている抗酸化作用のある食品は
たくさんあります。

 

<ポリフェノール>

  • 赤ワイン
  • 緑茶
  • チョコレート
  • 玉ねぎ

 

<リコピン>

  • トマト
  • スイカ

 

<βカロテン>

  • ほうれん草
  • 小松菜
  • モロヘイヤ
  • 春菊
  • パセリ
  • 人参
  • シソ
  • 西洋かぼちゃ

 

<アスタキサンチン>

  • カニ
  • エビ

 

これらの食品を日常から摂ることで
紫外線対策だけではなく、
老化防止にもつながるので
積極的に摂取していきましょう!

<関連記事>
紫外線対策をしてるのに何でシミが出来る!?実は意外な落とし穴が!
絶対に焼きたくない人必見!日焼け止めの効果的な選び方と使い方