しみ 原因
「焼きたくない」、「シミになりなくない」と
みなさん毎日日焼け止めを忘れずに塗り、
紫外線対策を行っています。

でもある日突然「あれ?シミが・・・」という経験
ありませんか?

 

スポンサードリンク
Sponsored Link

実は私がそうです。

私は日焼けをするとすぐに肌が赤くなってしまうため
昔から1年中日焼け止めは欠かさず塗っていました。

なのにシミが出てきてるんです。

紫外線対策を行ってもシミはどうして
できてしまうのでしょうか?

その原因について調べてみました。

 

シミの原因の8割は紫外線

しみ 原因

紫外線がシミの原因となることは今や多く人が
知っていること。

紫外線はシミだけではなく、しわや乾燥など
肌の老化を加速させるだけではなく、
最悪のケースになると皮膚がんを誘発するなど
肌にとって様々な影響を与えます。

肌の専門家が調査したところ
シミを含む肌老化の原因の8割
紫外線によるものであるとわかりました。

8割という数字を聞いて、紫外線が
いかに肌に悪い影響を与えるかが
わかりますね。

でも・・・紫外線対策を一生懸命しても
シミになる人はいますよね。

残りの2割の原因って一体何なの!?

 

シミの意外な落とし穴!

実はシミは紫外線だけではなく、
他にも様々な原因があることがわかりました。

ここでは残りの2割である、シミを含む肌老化の
原因についてまとめてみました。

しみ 原因

ホルモンバランスの乱れ

女性の場合ホルモンバランスが乱れるとしみが
できやすくなります。

ホルモンバランスが崩れると皮脂が過剰分泌したり
肌のターンオーバーが遅くなったり
肌トラブルを起こしやすいため、しみの原因に
なるんですね。

特に生理不順、妊娠、更年期の時は
女性ホルモンが大きく乱れるので
しみができやすいようです。

 

30~50代の女性に多く見られる「肝斑」
ホルモンバランスの乱れが原因の
場合がほとんどです。

 

ストレス・慢性的な疲労

ストレスや疲労がたまると自立神経が正常に
働くなくなってしまいます。

自立神経はホルモンとも関係していますから
自立神経の崩れホルモンの崩れ
なります。

またストレスがたまると、体内ではストレスを
やっつけようと活性酸素がたくさん発生します。

活性酸素はシミの原因になりますから
これにより健康な肌細胞までも壊されてしまい
メラニンが過剰に作られシミとなって
しまうのです。

Sponsored Link

 

睡眠不足

しっかりと良質な睡眠をとることは
美肌に欠かせない条件です。

シミ 原因

なぜ睡眠が大切かと言うと、
肌のターンオーバーにより肌細胞を促す
成長ホルモンは寝ている間に分泌されるからです。

そのほとんどを夜の10時~2時の間に
行っていますので、この時間帯に睡眠をとっていないと
肌のターンオーバーは行われないことに
なります。

ターンオーバーが正常に行われないということは
肌細胞の生成が停滞し、古い角質
メラニン色素が剥がれ落ちずに肌に
残ったままになるということです。

そして色素が沈着してシミへと変化してしまうのです。

 

乾燥

一見、シミと乾燥は関係ないと思われがちですが
実はシミの原因の1つに乾燥があります。

健康な肌はターンオーバーが28日周期で
行われるため、しみの原因であるメラニンも
古い角質と一緒に剥がれ落ちてくれます。

しかし、肌が乾燥してコラーゲンが減少すると
ターンオーバーも正常に働かなってしまいます。

そのため、メラニン色素が肌に残りやすく、
それが元でシミができやすくなってしまうのです。

肌は乾燥させないよう、毎日しっかりと
保湿を行うことが大切です。

 

ニキビ痕

ニキビが治った後、ニキビ痕に色がついていたことは
ありませんか?

それを放っておくとシミへと変わっていくので
注意が必要です。

 

紫がかった色のシミ

ニキビの炎症が激しくなると、皮膚組織が破壊され
皮膚組織内を通っている毛細血管も破れます。

 

毛細血管が破れると皮膚組織内に血液が
滲んでくるため、それが皮膚の外からは
紫がかった色に見えるというわけです。

この色素が残ることがあり、
色素沈着して紫がかったしみへと
変わっていくのです。

 

茶色のシミ

茶色のシミの原因はメラニンにあります。

ニキビができて炎症が起きると、皮膚を守ろうと
メラニンの働きが活発になります。

そして、ニキビが治った後もメラニンが
皮膚に残り、シミへと変わっていきます。

 

皮膚をこする

同じ箇所ばかり皮膚をこすり続けていると
それが刺激となって、メラニンが作られ
しみになることがあります。

また、洗顔、クレンジング、メイクなどで
肌を強くこするのも同じです。

皮膚は刺激を受けると防御反応として
メラニンを大量に作るため
それが、色素沈着してシミとなります。

洗顔の際は肌を強くこすらずに
泡を使って優しく洗いましょう。

シミ 原因

いかがでしたか?

シミの原因は紫外線だけではなく
他にもたくさんの原因があることが
わかりますね。

少しでもシミの原因を取り除いていき
シミや肌トラブルのない理想的な肌へと
変えていきましょう。

関連記事
絶対に焼きたくない人必見!日焼け止めの効果的な選び方と使い方
髪の紫外線対策は大丈夫?紫外線が髪に及ぼす影響と対策は?