夏の結婚式


夏の結婚式
に呼ばれたらどんな服装
行こうか悩みますよね。

実は夏の結婚式には夏ならではの
服装のポイントやマナーがあるんです!

 

スポンサードリンク
Sponsored Link

「夏は暑くてなるべくなら薄着で行きたいけど
どんな服装ならOK?」

「電車に乗るときは上に何を羽織ろうか?」

など夏になると、いろいろな問題が出てきますよね。

ここでは結婚式にお呼ばれした時に
恥をかかない服装のマナーやポイントを
ご紹介していきます。

 

夏の結婚式に出席する時の服装のポイント

 

肌を露出しすぎるのはNG!

夏の暑い時期とは言え、あまり肌を露出しすぎる
ドレスは考えもの。

結婚式のドレスのようなフォーマルな衣装でしたら
肌をあまり露出しすぎないのがマナーです。

 

結婚式では新郎新婦の親や親族なども
出席していますし、年配の方も多く出席している場合が
あるので肌を露出しすぎない上品な装いが好印象です。

ノースリーブのドレスの場合は
薄いストールやボレロなど羽織りものを
1枚持っていきましょう。

夏の結婚式

 

汗じみが目立ちにくドレスを着ていきましょう。

夏は汗をかきやすいので、式場に着いた時には
汗だくになっていることも!

そんな時背中や脇の汗じみが目立つドレスだと
みっともないですし、本人も恥ずかしい思いを
すると思います。

このようなことが起こらないように
なるべく汗じみが目立ちにくドレスを選ぶことが
ポイントです。

また、どうしても汗が気になる場合は
汗わきパットを使用したり
隠せる薄手のボレロなんかを持参していくと
汗対策になります。

ノースリーブのドレスは比較的汗じみが
目立ちにくのでおすすめ!

 

ストッキングは必ず着用!

格式高い結婚式場やホテルで行う場合は
ストッキングの着用は必須です。

夏に履くストッキングは汗で貼りつくし
気持ち悪いんですよね~。

しかしこの日は我慢してストッキングを
履いていきましょう。

暑いからと生脚で行くのはマナー違反ですよ!

しかしゲストハウスウエディングや
カジュアルなレストランウエディングなら
生脚でもOKのことも!

 

サンダルやオープントゥはNG!

夏と言えばサンダルですよね!

しかし結婚式場やホテルの場合は
パンプスを履くことがマナー。

かかとやつま先が見えない靴を
選びましょう。

しかし、ゲストハウスやレストランなどの
カジュアルな結婚式の場合は
サンダルやオープントゥでもOKな場合も!

 

髪型はアップにして涼しげに!

夏の結婚式の髪型は特に決まりはありません。

ただ、髪をアップにして首を出すと
暑さ対策にもなりますし、見た目にも
清潔感を感じられます。

夏の結婚式

髪をおろしていると、汗でベタベタして
首周りに髪の毛がくっついたり
汗でせっかく巻いたカールが取れてしまったりと
トラブルが起きやすいので
すっきりとアップにするのがおすすめ!

Sponsored Link

夏の結婚式に持参するべきものは?

ハンカチ

結婚式にハンカチは必需品ですね。

感動して涙することもありますし、
夏なら何と言っても汗を拭くため
必須アイテムです。

清楚な柄や色のハンカチがおすすめです。

 

ボレロやストール

薄手のボレロやストールを持って行きましょう。

ドレスがノースリーブなら必須ですし
ノースリーブ以外のドレスでも
式場の中は冷房が効いてるため
冷房の風が直接あたると
体を冷やしてしまう恐れもあります。

また、電車の中でも冷房がガンガン効いていますので
ドレスの上から羽織れるボレロやストールを
1枚持っていくと便利です。

 

メイク道具

式場に着いたころには汗でメイクが
取れてしまっているなんてこともあります。

メイクが取れてもすぐ直せるように
メイク道具は持参した方が
良さそうです。

 

いかがでしたか?

結婚式ならではの服装のマナーやポイントが
あることがわかりますね!

結婚式では恥をかかないように、
服装のマナーを守って新郎新婦さんを
祝福してあげましょう。

関連記事⇒母親が子供の結婚式で恥をかかない服装のマナーやポイントは?