日傘


日傘
は白肌をキープしたい人にとっては
必須アイテムですよね。

早い人では紫外線が強くなり始める春から
使い始めます。

 

スポンサードリンク
Sponsored Link

でも日傘を差していれば、絶対に紫外線を
浴びないわけではないって知っていましたか?

重要なのは日傘の選び方

紫外線から肌を守る日傘をしっかりと選び
今年も白肌をキープできるようにしましょう。

 

紫外線から肌を守る日傘の選び方

日傘

「絶対に肌を焼きたくない!」、
「絶対にしみを作りたくない!」と
いう人にとっての必須アイテムが日傘です。

日傘は紫外線から肌を守るとともに
暑さからも守ってくれるので夏には
大活躍しますよね!

しかしここで注意してもらいたいことは
紫外線から守る日傘と暑さから守る日傘は
違うということ!!

日傘の選び方を間違えると、後から
「肌が焼けてる!」、「しみができてる!」
なんてことも!

ここでは、紫外線防止のための上手な
日傘の選び方をご紹介していきます。

 

「UVカット率」を確認しよう!

「UVカット率」とは、“どれだけ紫外線をカットできるか”
という日傘を選ぶ基準となるものです。

まず日傘を選ぶ際はこのUVカット率に
注目しましょう。

UVカット率99%のものや今では100%の日傘も
売っていますので、そういう日傘を選ぶと良いですよ!

 

ここで注意してもらいたいことは、紫外線防止目的なら
「遮光率」で選ばないこと!

遮光率とは紫外線ではなく、可視光線のカット率
表しているものです。

紫外線防止よりも眩しさや暑さ防止に日傘を選ぶ方は
遮光率を基準に選びましょう。

1番はUVカット率と遮光率共に99%以上のものを
見つければ紫外線も暑さも全て解決されますね!

 

色は何色がいいの?

日傘と言ったら黒をイメージすることが多く
実際に黒が1番紫外線を通さないと言われて
きました。

しかし今の日傘はUVカット加工がされているので
黒にこだわる必要はありません。

しかし熱に関して言うと、黒だと熱を吸収しやすいため
生地が熱くなってしまいます。

生地の色を白やシルバーにすると
熱の吸収を反射させることができるので
生地が熱くならずにすみます。

日傘選びで大事なのは内側の色です。

内側の色を薄い色やシルバー色などを選んでしまうと
アスファルトの照り返しで紫外線が顔に集中して
当たってきます。

アスファルトの照り返しによる紫外線を防ぐためには
内側の色を黒や紺など濃い色を選んでください。

 

素材や厚さも重視しましょう。

日傘の生地は厚い方が紫外線を通しません。

おすすめなのは麻や絹の素材のもの。

ポリエステルの暑い生地も紫外線を通しませんが
熱を吸収しやすいので、傘自体が熱くなり
内部にも熱がこもるため真夏などの暑い時期には
おすすめしません。

また生地が薄いレースの日傘は
見た目は涼しそうで良いですが、
紫外線防止目的で選ぶのであれば
避けた方が良いですよ!

Sponsored Link

 

まとめるとこんな傘がおすすめです!

  • UVカット率99%~100%
  • 外側の色はシルバーで内側の色は黒や紺などの濃い色
  • 素材は厚手の麻や絹

 

日傘を有効に使うためにこれだけは知っておくべきこと!

日傘の選び方はもうわかりましたね。

ではここからは日傘をさらに有効に使うための
ポイントや注意点をご紹介していきます。

 

照り返しに注意!日焼け止めは必須です!

いくら紫外線をカットしてくれる日傘をさしても
上からの紫外線は防げても
地面からの照り返しまでは100%防ぐことは
できません。

外に出る際は日傘と一緒に日焼け止めも
忘れずに塗っておきましょう。

また照り返しにより、目にも紫外線は
入ってきますのでサングラスを
かけて目も守ることが大切です。

 

晴雨兼用の日傘ってどうなの?

晴雨兼用の日傘と普通の日傘の違いは
撥水加工がされているかどうかです。

厚手の晴雨兼用の日傘でもUVカット率が
高いものがたくさんあるので問題ありません。

しかし撥水力が落ちてしまうので洗濯ができません。

これだけは注意しましょう。

 

日傘は2~3年ごとに買い替えましょう!

これは意外と知られていないのですが
日傘にも寿命があるって知っていましたか?

日傘は毎回強い日差しを浴びるため
生地が傷んできてしまい
UVカット率も落ちてくるんです。

お気に入りのものだからと言って
長年ずっと愛用していると
日傘の役割をまったく果たせない傘に
変わってしまいます。

それを知らずに使い続けるのは
とても恐ろしいことですよね。

そうならないように日傘は2~3年ペースで
買い替えることが大切!

 

日傘を洗うことはできません!

日傘が汚れたからと言って洗ったり、
生地を強く擦って拭くと、表面の加工が
取れてしまったり、傷つく恐れがあります。

もし汚れてしまったら、ぬるま湯に中性洗剤を薄め、
スポンジに含ませてから優しくなでるように落としましょう。

<関連記事>
紫外線対策!絶対に焼きたくない人のための徹底ケアはこれ!
紫外線対策!サングラスやUVカットメガネを選ぶ重要なポイント