五月病

五月病」という言葉を聞いたことがある人は
多いと思います。

ゴールデンウィークのような
大型連休が終わるころ、
仕事のことを考えると憂鬱になったこと
ありませんか?

 

スポンサードリンク
Sponsored Link

五月病は誰でも起こり得る病気です。

ここでは五月病について詳しくご紹介して
いきますね。

 

五月病って何?

「五月病」は正式な医学用語ではありません。

しかし、誰もが聞いたことのある言葉ですよね。

五月病とは、4月に入社した新入社員や
4月から新しい部署に配属された方が
新しい環境に適応できないことで起こる
精神的不安のことです。

特にゴールデンウイークなどのような
大型連休が終る頃になると、

「また会社に行かないと行けないんだ~」
「行きたくないな~」

などという倦怠感虚脱感のような
症状が現れます。

五月病

また、新入社員の場合は研修が終わって、
仕事を開始する6月ごろに起こる人もいるため
「6月病」と言われることもあります。

しかし「五月病」や「六月病」という正式な病名は
存在しなく、病院へ行くとこのような症状は
「適応障害」と診断されます。

適応障害とはストレス障害の一種で
ストレスによって精神的な問題が現れ
仕事や学校などの社会生活に適応できなくなる
症状です。

 

五月病の主な症状

身体的症状

  • だるい
  • 食欲不振
  • 不眠
  • 肩こり
  • めまい
  • 動悸

 

精神的症状

  • やる気がない
  • 朝起きれない
  • 集中力の低下
  • 元気がない
  • 何をするにも億劫

 

五月病になるやすい人はこんな人!

五月病

「会社行きたくないな~」と思うことは
誰だって1度はあると思います。

しかし、五月病のように精神的な問題を
抱えるまで陥ってしまう人は、
五月病になりやすいタイプなのかもしれません。

  • 真面目な人
  • 几帳面な人
  • 完璧主義な人
  • 責任感が強い人
  • 周囲の気にする人
  • 内気な人
  • 仕事が好きな人

などが五月病になりやすい人の特徴です。

このような人たちは、新しい環境により
過剰な負荷がかかっていまうようです。

「真面目にしっかりとやらなくちゃいけない」という
緊張が強くなり無理をしがちなんですね。

このような疲労や緊張が積み重なると
五月くらいになって「会社に行きなくない」
「朝起きられない」というような症状が
現れ始めます。

Sponsored Link

五月病の対処法

 

気分転換をする

五月病のようなストレスによる精神疾患は
気分転換をしてストレスと上手に
向き合うことが重要となってきます。

ストレスが溜まったら、「友達に話を聞いてもらう」
「買い物に行く」、「旅行に行く」、
「おいしい物を食べに行く」など
ストレス発散法を見つけることが大切です。

 

「〇〇しなくてはいけない!」という気持ちを捨てる

「〇〇しなくてはいけない!」という
完璧主義の人は五月病に限らず
精神疾患になりやすいタイプです。

4月から初めて新しい仕事をするのですから
誰だって最初から完璧にできるわけがありません。

 

また周りの上司や先輩も、新人には
完璧にやってもらうことなど求めていないので
少しずつできるようになれば良いのです。

新人のうちなんてみんな失敗ばかり。

失敗を経験していくうちに少しずつ
仕事内容がわかるようになってくるので
あまり完璧を求めすぎずやりましょう。

 

悩みを1人で抱え込まない

悩みがあったら1人で抱え込まないで
家族や友人、同僚などに話を
聞いてもらいましょう。

話すだけでも悩みが軽くなる場合もありますし
他の人の意見も聞くことにより
「そんなに悩むことじゃないんだ」と思うかも
しれません。

とにかく会話をするということが重要なのです。

会社の愚痴や悩みを誰かに吐き出してみましょう。

きっとスッキリしますよ!

 

新たな目標を見つける

目標がない人や目標をすでに達成してしまった人は
五月病にかかりやすい傾向にあります。

そうならないように新たな目標や興味を
持つことが大切です。

「〇〇の資格を取る!」や「毎日30分歩く!」
「今年は絶対に海外旅行に行く!」など
何でも良いので新たな目標を見つけましょう!

 

重症なら病院へ行く

もし五月病のような症状が続くようなら
早めに病院へ行きましょう。

病院へ行かず、一人で塞ぎ込んでいると
症状がどんどん悪化し、うつ病になる
恐れもあります。

 

五月病のような症状は社会に出れば
誰だって経験することです。

恥ずかしいことではないので、自己判断をせずに
おかしいなと思ったら病院へ行って
適切な治療を受けることが大切です。

関連記事⇒うつ病の人が職場復帰した時の上手な接し方と注意点