紫外線対策 髪春から夏にかけて特に強くなる紫外線

顔や体の紫外線対策を行っている方は多いですが
髪にまで気を遣っている方は少ないようです。

しかし、髪にも紫外線対策を行わないと
後から様々なダメージが現れてくるんです!

 

スポンサードリンク
Sponsored Link

なぜ紫外線を浴びると髪によくないのでしょうか?
紫外線が髪に及ぼす影響や対策を
ご紹介していきます。

 

どうして紫外線を浴びると良くないの?

髪の紫外線対策

紫外線は太陽光の一部です。

英語でUltravioletと表記し、略してUVと言われています。

 

紫外線は波長によってUV-A波、UV-B波、UV-C波
3つに分けられるのですが、この3つのうち
紫外線と呼ばれているのは「UV-A波」「UV-B波」です。

UV-A波の特徴としては波長が長く、
エネルギーはUV-B波より弱いです。

そしてガラスなども通過して肌の奥にまで入り、
少しずつ影響を与えます。

これが多くの方が恐れているしみしわ
原因となるわけです。

一方、UV-B波はUV-A波よりも波長が短く、
エネルギーが強いという特徴があります。
そのため肌が赤くなるような日焼けの原因となります。

 

このことから肌の紫外線対策は多くの方が
行っていますが、実は髪や頭皮にもダメージを
与えることを知っていますか?

 

紫外線が髪に与える影響は?

髪の紫外線対策

髪が紫外線を浴びることで様々な影響が出てきます。

毛髪の外側にはキューティクルが存在し
髪を覆っていますが、紫外線があたると
キューティクルが剥がれ毛髪の内部が乾燥し始めます。

その結果、髪は枝毛や切れ毛、裂け毛の
原因となってしまうのです。

 

また毛髪の内部には髪を黒くする色素の「メラニン」
あるのですが、紫外線はそのメラニンを分解し
髪の色を赤茶っぽくしてしまいます。

Sponsored Link

これらのような現象は「光老化」と呼ばれていて、
紫外線を浴びた時間や強さに比例して起こるようです。

髪の紫外線対策を怠ってしまうと
髪はパサパサになり、ツヤもなくなるため
老けて見られやすくなってしまうんです!!

お肌はしっかりとケアをして老化を
防いでいるのに、髪で老けてみられては
元も子もありませんよね。

また頭皮も皮膚の一部であるので
紫外線を浴びることで乾燥し、
フケやかゆみなどが出てくるため
髪と一緒に頭皮のケアも必要となります。

 

髪のダメージや老化を防ぐための紫外線対策

 

どのような対策をすれば髪を紫外線から
守れるのでしょうか?

まず、外に出る際は日傘や帽子で髪や頭皮を
守る工夫をすることが大切です。

また、髪用の日焼け止めやUVカット効果のある
トリートメントもありますので

このようなUVへアケア剤を使うことでも
紫外線から守ることができます。

 

紫外線は1年中降り注いでいますが
その中でも特に強いのが5月、7月、8月です。

7月や8月は真夏の日差しにより
紫外線が強いのがわかりやすいですが
5月は油断しやすいので注意!!

 

「まだ暑くないから大丈夫」と思っていると
知らないうちに紫外線が髪の内部にまで届き
じわじわとダメージを与えていきますよ。

時間帯でいうと、
10時~14時が紫外線が多い時間帯。

外出の際はしっかりと日焼け止め対策をし、
もし紫外線を浴びてしまったら
帰宅後はトリートメントなどで
しっかりとお手入れを行うことも忘ないでくださいね!

紫外線対策 髪

いかがでしたか?

紫外線は肌と同じくらい髪にも大きなダメージを
与えることがわかりますね。

美しい髪は日本人の象徴ですから
いつまでも若々しくいるために
お肌の対策と一緒に髪の紫外線対策も
忘れずに行いましょう。

関連記事⇒日傘の上手な選び方と注意点!選び方を間違えると紫外線を防げません