ダウン症 エコー
ダウン症
は昔に比べ発症率が増えています。

特に高齢になるほど発症する確率も
上がってくるようなので高齢で妊娠をした方なら
1度は不安を持ったことがあるかもしれません。

 

スポンサードリンク
Sponsored Link

高齢の方が確立は上がるものの
若い方でもダウン症の赤ちゃんを
妊娠する方もいますので
誰もが発症してもおかしくないということが
わかります。

エコーでダウン症を確認することは
できるのでしょうか?

 

ダウン症の赤ちゃんを妊娠する確率は?

ダウン症

ダウン症は21番目の染色体の突然変異
よって発症します。

原因は母親に限ったことではありませんが
統計的に母親の年齢にも関係しているようです。

<母親の年齢>

20歳・・・1600人に1人
30歳・・・900人に1人
35歳・・・350人に1人
40歳・・・100人に1人
45歳・・・30人に1人

このように母親の年齢が上がるほど
かなり高い確率になります。

ダウン症は高齢出産の方に多いイメージが
ありますが、20歳でも1600人に1人が
発症しています。

 

エコーでダウン症は判断できる?

エコーで確認する場合、ダウン症の可能性であることが
わかる場合とわからない場合があります。

エコーだけでダウン症と確定することは
難しいらしく「もしかしたら・・・」くらいの
ようです。

エコーの場合はダウン症の症状らしきものが
見られても、あくまでも「可能性はある」
ということになり、実際に出産してみると
異常がなかったというケースもたくさんあります。

もし赤ちゃんがダウン症かどうか心配でしたら
「出生前診断」を行うと99%の確率で
知ることができます。

 

エコー画像でわかるダウン症の特徴は?

エコーだとダウン症かの確定は困難ですが、
エコー画像でも見られる
ダウン症の特徴というものがあります。

Sponsored Link

例えば、

  • 心臓の動きや形に異常がある
  • 赤ちゃんの首の後ろにこぶのようなものが見える
  • 指の数に異常がある
  • 指同士の幅に異常がある

などです。

ダウン症の症状は人それぞれ異なるので
全てあてはまるわけではありませんが
このような症状が見られる場合は
ダウン症の可能性も考えられるということに
なります。

しかし生まれてみると違っていたことも
多々あるので、やはりエコーだけでは判断できず
生まれてみないとわからないということです。

 

 不安なら出生前診断を

ダウン症

最近ではお腹の中の赤ちゃんにダウン症などの
染色体異常があるかを確認する
「新型出生前診断」が新たに導入されることに
なりました。

この検査は妊娠10週目~22週目までの間に
母親の血液を採取し、血液中の胎児のDNAを
調べることで99%の高い確率で赤ちゃんの
染色体に異常があるかないかを判断できます。

 

今までの検査方法だと羊水検査が主で
お腹に針を刺して調べるため
流産する可能性も0.3%ほどあり
リスクが伴うものでした。

「新型出生前診断」が導入されたことにより
誰でも検査しやすくなりましたが、
対象者は35歳以上の高齢の妊婦となります。

そして新型出生前診断の費用は保険がきかないため
高額となり約20万程かかるようです。

この新型出生前診断は99%の正確性があるため
陰性と診断されれば、ほぼ心配せずに
出産までを迎えられるわけです。

しかし、陽性と診断されると
人工中絶が増大するという問題もあり、
命の選別をするということや
人工中絶を選んだ母親の心のケアなど
課題はまだまだ残ります。

<関連記事>
ダウン症の原因や特徴、寿命はどの位?どういう育て方をしたらいい?
奥山佳恵が次男のダウン症を告白!ネットの反応や高齢出産のリスク

 

Sponsored Link