結婚式 母親 服装

息子さん、娘さんのご結婚おめでとうございます。

結婚式ではご両親もゲストの前に立つ場面が
いくつかあるため注目されます。

主役の両親としてふさわしい服装でいることが大切。

 

スポンサードリンク
Sponsored Link

ここでは結婚式での母親の服装のマナーや
好印象に見えるポイントなどをご紹介していきますので
是非参考にしてください。

 

母親の服装のマナーやポイント

結婚式でのご両親はゲストへの挨拶や花束贈呈など
何かとゲストの前に立つ場面が多くあります。

この日ばかりは母親も品よくおしゃれに装って、
新郎新婦への祝福とゲストへの感謝の気持ちを
現しましょう。

母親の服装は会場に合わせて選ぶと良いでしょう。

結婚式場やホテルでしたら正礼装である
『黒地の留袖』『黒のロングドレス』が一般的です。

レストランや屋外など、カジュアルな場所でしたら
『アンサンブルスーツ』『色のロングドレス』でもOK!

 

『留袖』

結婚式 母親服装

留袖は結婚式で母親の約8割が選ぶ
正礼装の定番となっています。

様々な柄がありますので、自分の雰囲気や
体型に合った柄を選ぶと良いですよ。

身長の高い方は存在感のある柄、
身長が低い方や太めの方でしたら
柄が少ない方がスッキリした印象に見えます。

 

『黒のロングドレス』

結婚式 母親服装

昼間は肌の露出が少なく、くるぶし丈の
「アフタヌーンドレス」が正礼装として選ばれています。

袖がついたドレスやカーディガンなどで
肌の露出を隠し、光るアクセサリーも控えましょう。

逆に「イブニングドレス」は夜に着る正礼装で
ネックラインや背中が開いているドレスです。

夜でしたら、多少肌を露出してもOK。
肩を出すとエレガントな印象となります。

しかし母親はゲストをおもてなしする立場ですので
あまりにも肌を露出しすぎないように気を付けましょう。

夜でしたらアクセサリーなどでキラキラ感を出すと素敵です。

 

『アンサンブルスーツ』

結婚式 母親服装

カジュアルな結婚式に着る準礼装です。

普段っぽさを感じさせない品のあるものを選びましょう。

普段のお出かけに着るようなスーツでしたら
コサージュなどでアクセントをつけると
だいぶ印象が変わるのでおすすめです。

地味にみられるスーツは明るい色のコサージュがポイント。

その他、バッグや帽子などでおしゃれにアレンジしても良いですね。

 

『色のロングドレス』

結婚式 母親服装

色のロングドレスはカジュアルな結婚式の
準礼装として選ばれます。

主役は花嫁ですので、母親はあまり派手すぎない
品のあるカラーのドレスが好ましいです。

昼間でしたらコサージュパールをつけて上品な装いに。

夜でしたらアクセサリーなどで華やかにしてもOK。

Sponsored Link

結婚式での母親の服装のポイント

 

両家で合わせてコーディネートしましょう。

和装か洋装か迷う方も多いと思いますが、
両家で並ぶ場面も多い結婚式。

和装、洋装にするかは両家で合わせた方が統一されていて
より洗練された印象になります。

両家で相談して、会場に合わせた服装を選びましょう。

 

白やオフホワイトなどの色は避けましょう。

これは結婚式の服装での常識ですが
白は花嫁が着る色なので結婚式では
白やオフホワイトの服装はタブー。

ライトの光によって白っぽく見える色も避けましょう。

 

小物は昼はシンプルに、夜は華やかに。

小物は昼間はコサージュパールでシンプルに
品よく装いましょう。

夜はゴールドやプラチナのアクセサリーなどで
キラキラ感を演出させてもOK。

ただあまりゴージャスになり過ぎないように気をつけて!

ネックレスやイヤリングなど、どれか1つだけを
華やかにするのがおしゃれです。

 

いかがでしたか?

結婚式の服装は会場の雰囲気や昼、夜によっても様々ですが
新郎新婦の母親としてふさわしい服装でいることが大切です。

最近は和装に限らず洋装も増えてきているそうですが
どちらにしても、母親として恥ずかしくない
「おしゃれで素敵なお母さん」と見られるように心掛けましょう。

関連記事⇒父親が子供の結婚式で恥をかかない服装のマナーやポイントは?