ステロイド 赤ちゃん
乳児湿疹やアトピー性皮膚炎を起こした
赤ちゃんを病院へ連れて行くと
ステロイド外用薬を処方されることが
多くあります。

 

 

スポンサードリンク
Sponsored Link

ステロイドと聞くと副作用があって怖いイメージがありますよね。

大人ですら使うのを躊躇してしまうことがあるので
「赤ちゃんの皮膚に塗っても大丈夫なの?」と
不安に思う親はたくさんいるのではないでしょうか。

ここでは赤ちゃんの皮膚に対するステロイドの効果や
副作用、正しい使い方をご紹介していきます。

 

赤ちゃんの皮膚にステロイドを塗っても大丈夫?!

赤ちゃん ステロイド

軽度の乳児湿疹やアトピー性皮膚炎なら
保湿剤や非ステロイド性抗炎症薬で治療することも可能です。

しかし、ある程度症状が進んでしまうと赤ちゃんでも
ステロイド外用薬で治療していくのが一般的となります。

ステロイドの副作用を恐れて使用を拒む親も多くいますが、
副作用が起こるのは間違った使い方をした場合!

医師の指示通りに正しい使い方をすれば問題ありません。

ステロイドを恐れるあまり、きちんとした治療もせず
治るかわからないようなクリームを塗り続けていても
症状はなかなか改善されず、長期にわたり赤ちゃんを
苦しめることになってしまいますよね。

ある程度症状が進んでいるのなら、まずはステロイドで炎症を抑え
つらい痒みやジュクジュクを止めてあげることが大切です。

 

間違った使い方による副作用とは?

ステロイドは正しい方法で使用すれば問題ありませんが、
間違った方法で使用すると副作用が現れる場合あるので
注意が必要です。

心配される副作用としては

  • 皮膚が薄くなる
  • 産毛・毛髪が濃くなる
  • 免疫力が低下するため、アレルゲンや刺激が皮膚に入り込みむと
    感染症を起こすことがある

 

などが考えられます。

いずれの副作用も長期に渡ってステロイドを塗り続けていたり
医師から指示された以上の量を塗った場合
起こる場合が多いようです。

ステロイドは正しい使い方をすれば乳児湿疹やアトピー性皮膚炎に
優れた効果を発揮する治療薬ですが、
使い方を間違えると「怖い薬」だと思っておいた方が良いでしょう。

それを踏まえて、決して自己判断で勝手に使用したり
中止したりせず正しく使用しましょう。

Sponsored Link

ステロイド外用薬の正しい使い方

赤ちゃん ステロイド

軽度の症状なら、保湿剤や非ステロイド外用薬を使用して
皮膚の状態が改善されればそれで問題ありません。

しかし、ある程度状態が悪化している場合は
ステロイドで炎症を止めてあげることが必要です。

 

ステロイドの強さは?

ステロイドには強さにランクがあり、大人の場合は強力なものを
使用してガツンと炎症を止めますが、
2歳未満の子供は副作用が出やすいことを考え
大人に比べて比較的マイルドなものから始めます。

 

使用量はどの位?

ステロイド外用薬の使用量は、チューブなら
人差し指から第一関節まで出した量(0.5g)が
大人の手のひら2枚分の量となり、赤ちゃんならこの量で
顔と首全体が塗れる量になります。

 

塗り方は?

塗り方は1日2回、朝と夕に塗りましょう。
夕方ならお風呂上りがベストです。

ステロイドを塗る前は患部を清潔にしてからに
塗ってあげてくださいね。

 

自己判断で中止しない

症状が改善されてきたら、塗るのを中止するのではなく
塗る回数を減らしたりステロイドの量を弱いものに変えていき
最終的にはステロイドを使わず保湿剤だけにしていくのが
アトピー性皮膚炎や乳児湿疹の治療方法です。

症状が良くなってきたからといって
自己判断で中止するのは絶対にやめてください

 

皮膚の表面がキレイになると、良くなったと思い
勝手に使用を中止する方がいますが、
皮膚の奥ではまだ炎症が続いている場合もあります

この状態で勝手に使用を中止してしまうと
再度症状が現れ、また最初の量や強さから
やり直しになるためなかなか改善されません。

それでは赤ちゃんがかわいそうですよね。

 

 まとめ

少しでも早く症状を改善させるためには
最初にステロイドで炎症と痒みを抑えてあげて、
後は医師の指示に従って状態を見ながら
少しずつ量や回数を減らしていくことです。

この方法ならステロイドを使っても最低限の量、期間で
済みますし、結果的に早くステロイドから
抜け出せることになります。

 

<関連記事>
ステロイド外用薬の正しい使い方!副作用を起こさないポイントは?
ステロイドの副作用。間違った使用方法によって起こる症状とは?